雑貨チェーンストアの構造改革

概況

営業利益赤字、累損を抱える。
雑貨チェーンとしてファンシー雑貨、服飾雑貨、中国雑貨の3事業を持っていたが、中国雑貨事業の業績悪化を2事業でカバーできない状況となっていた。過去の成功体験を引きずりマーケットの変化に対応できず意思決定の遅れが要因の一つとなっていた。

ミッション

事業撤退と事業売却による再建

 

取組み

経営資源を強み事業に集中

中国雑貨事業から撤退、ファンシー雑貨、服飾雑貨事業を軸にした事業再構築を行う。

店舗戦略を見直して店舗の立地特性に応じファンシー雑貨店舗と服飾雑貨店舗を再配置する。

客層等の違いによる店舗特性に応じた品揃を行い、強化する品群を明確にして展開した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です