新任店長へ3つのアドバイス

初めての店長として辞令をもらい店舗に着任したが何から始めれば良いものかと思案中です。そこで、私から新任店長への3つのアドバイスです。

気づきを大切にする

新たな店に着任して、新鮮な目で売場、品揃えを見ると多くのことに気がつきます。自分だったら「この様にするのに」とか「この様にした方がよい」とか、どちらかというと悪いところの方が多くを目につきやすいのですが良い点、学ぶ点の気づきも沢山あります。

対応策を考える前に何故、その様になっているのかを考えてみることが大切です。そこには何らかの理由があるはずです。理由がわかった上で行動するのと思い込みで行動するのでは結果は変わります。なぜそのようになっているのかを考えてみましょう。

今日の気づきをいくつ書き出せますか、日が経つにつれて気づきの量が少なくなってきます。慣れてしまうと目に見えるものが日常の風景になり印象が弱まってしまします。どうしますか?

人を知る

メンバーのことを知る。これから一緒に働き、店を盛り上げていくメンバーとの関係性を構築していくことが重要になります。新たなメンバーとの出会いは緊張するものですが店長自身もどのようなメンバーと仕事をしていくのか、不安になります。

やはりチームのメンバーも新たな店長がどのような店長か不安ですが、一瞬で店長のことを見抜く力を持っています。相手のことを知るより自分のことを早く、正しく知ってもらうことの方が大切です。従業員とのコミュニケーションをしっかりとって店長を中心に店が一つになり、新たな店づくりをスタートさせましょう。

どの位の期間を目標にして取り組んで行くか考えてください。店長からの率先した声かけ、挨拶が重要になります。新たな出会いとよいチームが出来上がります。

お客様を知る

お客様のその店に対する期待とニーズをつかむために店に来てくれているお客様から教えてもらうことです。直接、売場で声をかけて話をお聞きし、さらに自分が新たな店長であることを知ってもらうチャンスにもなります。

お客様からは耳の痛い話、すぐにはできないこと難しいことを言われますが出来ないと諦めずできることから進めていきましょう。一つひとつ取り組むことでお店は良くなっていきます。

いつの間にか来店されなくなってしまったお客様の声を聞くことは難しいです。そこには来なくなった理由があるはずです。どうしますか。

まとめ

店長昇格おめでとうございます。店長として店のメンバーと共に多くのお客様が喜び、満足していただけるお店にしていきましょう。そして店長としてのキャリアはあなた自身の人生をより豊かなものにしていくと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です